東京ケ-キバイキング散歩

東京・神奈川・埼玉・千葉のケ-キバイキングのお店に訪れた最新版の記事を色々図鑑形式にしてみました♪

【開催初日】品川プリンスホテル『Dining&Bar TABLE 9 TOKYO (テーブルナイントーキョー・旧トップオブシナガワ)』の苺スイーツブッフェ・ケ-キバイキングを詳しく書いてみた(2017年12月)♪♪♪

家出した猫が3日振りにミャウミャウナーゴナーゴヴヴヴと若干やさぐれて帰ってきたのがつい昨日の話、

凄い勢いで餌を食べたら泥のように眠っているその隙に…

蚤避け薬を振りかけて足を拭いてブラッシングを済ませるまではやりました(ΦωΦ)

関係ないけど猫の爪を切るって難しいデスな、

あれなんかコツとかあるんじゃろか(°ー°〃)?

それはそうと今回仕事の合間に訪れたのは品川プリンスホテル『Dining&Bar TABLE 9 TOKYO (テーブルナイントーキョー)』のスイーツブッフェです、

クズで俺様な若輩者とてたまには人柱を気取りたい時もありますのん

(●´ϖ`●)

参考までに品川プリンスホテルDining&Bar TABLE 9 TOKYO (テーブルナイントーキョー)』のスイーツブッフェは、

2017年12月13日から開始されており13:00〜15:00&15:00〜17:00の2部制120分で1人4200となってました

ლ(´ڡ`ლ)

はてさて以前はトップオブシナガワという名前だった品川プリンスホテル『Dining&Bar TABLE 9 TOKYO (テーブルナイントーキョー)』のスイーツブッフェ、

リニューアル後の品揃えはいかに(๑•̀ㅁ•́๑)✧

ケーキバイキング台は大雑把に分けると、

ショーケースゾーン・高台ゾーン・軽食ゾーンの3つのエリアから構成されておりました(ㆁωㆁ*)

赤司のエンペラーアイが発動したら無冠の5将が同時にゾーンに…ななななんだって(AA略

の流れは黒バスの最終戦を思い出しますな

\(^o^)/

ってな訳で先ずはショーケースゾーンだす、

此処ではスイーツが後生大事にガラスケースに入ってるから店員さんに言って取り分けて貰うんよ( ・ิϖ・ิ)

赤い実のタルトはいわゆる苺タルト、

タルト生地はクッキー生地の上がスポンジだったから見た目よりも重くない…代わりに手作り感も余りないw

マンゴータルトはとろけるやうなペリカンマンゴーがたっぷり、

土台がパイ生地とクリームチーズだったら良かったのに(コムサ並感

フルーツゼリーは4等分苺に微かにアルコールの薫りがする苺ゼリーが入ってました、

パンナコッタはツルッとミルキーで喉越しスッキリ

(๑´ڡ`๑)

けばけばしい色をしたマンゴーパッションムースとラズベリームースはなんだか粉っぽいし安っぽい、

出来合いリキッドを固めただけな気がするし…

1回食べたら充分な品々デスね(ーー;)

ガトーショコラ・スフレチーズは良くある業務用、

カッパのフレンズはマツコとかインスタバエよりもホテル&レストランの業務用スイーツ使用問題を扱わんかい…

とは思いますがあの方はホテルからお金貰ってるから眼をつぶるでしょうなw

お次は高台ゾーン、

多分ケーキ陳列台が最もインスタ映えするエリア

(๑•̀ㅁ•́๑)✧

ミルフィーユはザクザクカシュカシュして香ばしい、

ミラベルの6割の仕上がりと予想外なホテルメイドでした

(ㆁωㆁ*)←1位

カスタードクリームのバニラ分が増したら、

更に風味が豊かになるのではないかしらლ(´ڡ`ლ)

ブラウンココットで提供されたアップルパイは1人1つの焼き立て個数限定品、

パイ生地をパリパリ開拓すると中にはカラメルリンゴコンポートが鎮座しとったがや(°ー°〃)

ショートケーキは見た目は丁寧ですがジェノワーズが無味乾燥、

この程度じゃグランドハイアットの仕上りには太刀打ち出来ますまい

Σ(´∀`;)

抹茶バウムクーヘンは巨大な樹木みてぇな塊を切り分けるんだ、

オラワクワクしてきたぞ(●´ϖ`●)

食べてみるとなるほど抹茶が要所要所に効いて程よくビター、

なおかつ外側のシュガーコーティングのサクサク感が相まってギャリック砲連打する勢いでフォークが進みましたぞい( ̄ー ̄)←2位

ガトーオペラは金箔が乗って目を惹きますな、

アーモンドクリームと珈琲クリームにより味に奥深さを醸し出しておりました(ㆁωㆁ*)

柚子金柑ケーキは下3分のいち位にあるクルミキャラメリゼがコリコリしててツボにハマる、

周りが柚子でさっぱりしてるためバランスが取れていましたぜ( ・ิϖ・ิ)

ベイクドチーズはモコッとしたメレンゲが目印です、

タルト生地も柔らかで二種類の異なるチーズの味が楽しめる(๑´ڡ`๑)

クレームブリュレはキャラメリゼが分厚くパリパリ、

カスタード自体はあっさりめ、

地味に容量多いから途中で飽きるかもよ(ӦvӦ。)

カロンはピスタチオとイチゴです、

全くおんなじものをお台場ヒルトンで見た覚えがありますぞい\(^o^)/

フィナンシェはなんの変哲もないココア味、

ふんにゃりしてて粉っぽいから半分で飽きる

ヾ(。>﹏<。)ノ゙

ミニカヌレはカリッとモチモチ食感が癖になる、

ミニサイズとはいえ人数少ないからカヌレを独占出来るのは地味にテンション上がります٩(๑´3`๑)۶

パートドフリュイポワールはブルーベリーが上に刺さってるよ、

ピュレグミみたいなビジュアルが個人的には好みだす

(๑•̀ㅂ•́)و✧

シェフズキッチンでも見かけた上にチョコが縦に掛かったエクレアは、

中にミルククリームが詰まっとりゃした(>ω<)

ちなみに軽食はカウンター右側にありますた、

温製パスタ料理はなんの変哲もないマカロニグラタンですな( ・ิω・ิ)

あとはカスタマイズ オープンサンドと称して具とパンが数種類ずつ置いてあり、

サラダもありました( ・ิϖ・ิ)

サラミ・サーモン・ローストビーフ・トマト・アボカドが置いてありました、

ローストビーフカリカリのベーコンチップをたっぷり載せて頂くのがオススメだす٩(๑´3`๑)۶

パンはミルクパンフランスパンニンジンパンがあったかな、

ほんのり甘いニンジンパンは数年前にも食べた覚えがありますぞい( ・ิω・ิ)

ドリンクは色んなコーヒーと紅茶がオーダー式でおかわり自由だす、

こまめにお替わりを伺ってくれるのは有り難い

(ㆁωㆁ*)

あとドリンクは同時に2つ頼んでも問題はないみたいですぜ、

カフェインレスコーヒーがメニューに有るのは珍しいかも

(ӦvӦ。)

とまあオープンしたてホヤホヤなデザートビュッフェの様子はこんな感じ、

39階と思えぬ程に天井が高く広々した空間は一見の価値はありますぜ(๑•̀ㅂ•́)و✧

オススメスイーツはミルフィーユ・抹茶バウムクーヘンカヌレの3つだす、

来たらこの3品は外せませんヾ(。>﹏<。)ノ゙✧*。

とは言えデザートの作りだけで考えると3000がイイトコかな、

同価格帯のmotifやベイシェラトン辺りと較べたら残念ながらこっちが格下、

ショーケース内の後生大事に飾ってある工場デザートなんぞは改善の余地が多々ある気がしないでもない(๑´ڡ`๑)

一方で台に無造作に置いてあるデザートの方が、

全体的に出来が良かったのがなんだか不思議でした

(●´ϖ`●)

Dining &amp; Bar TABLE 9 TOKYO/品川プリンスホテル 【スイーツブッフェ】苺やチョコレートを使った種類豊富なスイーツ&ドリンクをお好きなだけ!

ブログランキング・にほんブログ村へ